スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【最強クロス円攻略】パスワード必要ありません。

バイナリースキャル内収録の1記事を一般公開しております。
............................
まず結論から言いますと

例としてユーロ円を使います。

ドル円とユーロドルが同じ方向へ動いているときにユーロ円でその方向へエントリーする。

ということです。

(例としてユーロ円を使用しているだけでクロス円なら何でも大丈夫です。)

..............

ご存じの通りだと思いますが
クロス円は複合通貨になります。

複合通貨についての詳しくは
ここでは割愛させていただきます(ネットで調べるとすぐに出てきます)



例えばユーロ円の価格というのは

ドル円の価格×ユーロドルの価格=ユーロ円の価格になります。

現在のドル円レートとユーロドルレートを掛け算してみてください。

現在のユーロ円レートが算出できると思います。

当たり前なわけですが以外に知らない人もいます。

この複合通貨の特性を利用すれば優位なエントリーができるのではないのか?
という考えをここではお話していこうかと思います。

.......................

まず、インターバンク市場にはクロス円取引というものがほぼ存在しません。

90%以上が米ドル取引になっています。次にユーロ。
これから考えると円と直接取引できるのはドル円のみ、と、わずかのユーロ円。

日本人に馴染みのある豪ドル円や最近で言うとBrexit騒ぎで多く取引されたポンド円などは
インターバンク市場ではほぼ取引されていません。

ポンド円の買い注文が入ると、まず円を売ってドルを買い、ドルを売ってポンドを買うわけです。
つまり、ドル円LONGとポンドドルLONGを同時に行うことでポンド円のLONGを成立させるわけです。

少し難しく思われる方もいるかとも思いますが
ザックリでいいので頭に入れておいてください。

(確かに、ユーロは取引にあるので、ここでユーロ円を例にして説明するのは少し矛盾も感じますが
大口のユーロ円買いが入ると出合いがなく(ユーロ取引も少ないため)
やはりドル円とユーロドルのロングでユーロ円Lを成立させることが多いと考えられ
その辺はツッコミを入れず仕組み自体は変わりないのでボンヤリとしたイメージでかまいません。)

........................

さて、話は一番上で言った
『ドル円とユーロドルが同じ方向へ動いているときにユーロ円でその方向へエントリーする』
に戻ります。

これは『ドル円とポンドドルが同じ方向へ動いているときにポンド円でその方向へエントリーする』

というのでも
その他の通貨ペアでも大丈夫だというのはもうおわかりですね。



それでは
ゴチャゴチャと仕組みについての説明はこのぐらいにして実践編へ…。

厳密に言えばいろいろとツッコミどころがありますが
トレードをシンプルにそしてルール化しやすいために
単純に考えていきます。
......................................................................................
◆ロング狙い

ドル円 ↑
ユロドル↑
なら
ユロ円↑↑

ドル円 ↑
ユロドル→
なら
ユロ円 ↑

ドル円 →
ユロドル↑
なら
ユロ円 ↑
................................................................................................
◆ノーエントリー
ドル円 →
ユロドル→
なら
ユロ円 →

ドル円 ↑
ユロドル↓
なら
ユロ円 →
................................................................................................
◆ショート狙い
ドル円 ↓
ユロドル→
なら
ユロ円 ↓

ドル円 →
ユロドル↓
なら
ユロ円 ↓

ドル円 ↓
ユロドル↓
なら
ユロ円 ↓↓
..........................................................................

ドル円が↑、ユロドルも↑ならユロ円は↑↑

ドル円ユロドル両通貨ぺアともレートが上昇しているので
掛け算通貨のユーロ円は倍速とまではいきませんが急上昇していきます。
...........................

更に実践編。

上に書いた矢印たちですが
ロング狙いの枠組み内にある、ドル円とユロドルの矢印に注目です。

そこにある矢印方向の値動きなら全てユーロ円のロング狙いになります。

例を出して実践編を説明します。

例えば、ユーロドルが15分SZptに到達しロングサイン待ちの揉み合い中だったとします。

そんな中、ドル円5分SZ+1分SZロングサイン出現で動き出したところで
ユーロ円ロングエントリーです。

ユーロドル→ ドル円↑のカタチであり
更に、、ユーロドルは15分SZptで揉み合い中なのでSZ思考で先を読むならロングサイン発展を期待するところ。

ユーロドル↑ドル円↑への発展も期待できます。ユロ円↑↑上昇期待も出来る。

..............................................................

この状況でドル円↑、ユーロドルが→から↓へ動き出したとします。
ドル円↑ユーロドル↓の状況になりました。
この場合はユーロ円は→です。

→になったのでユーロ円は撤退。
...............................................................

このユーロ円ポジションが負けてしまう状況とはどういった状況でしょうか???

それは上で書いたショート狙い枠に発展した場合です。

しかし、

答えから言うと、この状況からショート枠に発展するのはハードルが高い。


状況としてはドル円が5分SZ+1分SZロングサインで動き出し、、、

ユーロドルが15分SZpt支えられロングサイン待ち。

この状況からドル円5分SZサインが失敗で下落。

これがドル売りによる失敗ならユーロドルはドル売りにより上昇、15分SZロングサインへ発展する可能性が高いわけです。

つまり、ユロドル↑ドル円↓ユロ円→ =ユーロ円0撤退付近。
...................................

何が言いたいかと言うと、、、

ユーロドルで上だと思っている自分の直近相場観。

ドル円で上だと思っている自分の直近相場観。

どちらかの相場観さえ当たればユーロ円は0決済以上になる可能性が高いということです。

動かず停滞というのも間違いだとは思いますが、片方の相場観が当たればユーロ円ポジションに利が乗ります。

両方動かない→ユーロ円ポジションも動きません。

ダメなのは
動かない&逆に動くです。

つまり両方間違い。

これは単純にエントリーするポイントが悪いです。
(エントリー例としては下記で説明。)

とにかく、

どちらかさえ当たっていればリスクが極めて小さい、ということです。

両方自信アリでユロ円エントリーです。

両方自信アリ、で外したなら損切りましょう。
そしてエントリーポイントの見直し、検証です。

.............................


ということで、それではそのポイントの見つけ方ですが、

上に、下記で説明と言ったくせになんですが、、
これは例として挙げだしたらおそらくキリがないでしょう。

しかし、そこまで難しいことではありません。

単純にユロドルとドル円が一緒にブワーっと動きだしたらユーロ円飛び乗りでスキャることは難しいことではない。

の、ですが、、そういったポイントは頻発する時期とまったく出現しない時期とがあります。

言わずともおわかりかとは思いますが
ドル中心相場になればドル円↑ユロドル↓というような動きになりやすいのでユーロ円は基本的に方向感なく→なわけです。



ですので、上で書いたような、サポートやレジスタンスを使います。
(両通貨ペアが同方向へ動き出した瞬間を見て飛び乗るわけではなく、その手前で予測。)


単純に言えば、

『ドル円とユーロドルが同時にサポートで支えられているならユーロ円はロング狙い』

ということですね。

これを同じ時間軸でサポート、レジスタンスを見つけようとしてもなかなか良い条件は見つかりません。

なので、、、

ユーロドルで15分SZpt、ドル円で5分SZ重複サイン、などというように見つけていくわけです。

......................

注意点としては、、、

単純に両通貨『各足SZptからの』&『SZサインでの』、、、というポイントはけっこう見つけてしまいます。
全てにガムシャラにエントリーして大きな利益を狙うと痛い目にあるでしょう。
(スキャルピングに終始して手堅く利確を繰り返し、日々の利益目標を欲張った設定にしていないのなら
それなりの成果を得られるとは思います)

イメージとしては、自分の相場観が間違っていても深い傷を負わないトレード。
つまり、利益もそこまで見込めない、見込まないトレードです。

大きく狙える時は矢印が2つ同方向に揃った時のみです。


.....................................................................


あと少し大きな利益、長めのトレード、デイスキャ気味、デイトレ気味に使用するのならエントリーに気を使う必要があります。

もうおわかりかとは思いますが、、、
これはツイッタートレード解説動画内でもやっておりますように
ドル円&ユロドルにて
各トレンドライン、黄色ゾーン&各足SZptなども含めてより熱いポイントを見つけて
エントリーを絞っていくというのがベターかと思います。

というか、これをやるとかなり確度が高まり無駄トレードは減るでしょう。
残念ながらエントリー回数は減りますが。

.....................................................

こういったカタチでユーロ円矢印が↑または↓になるポイントをドル円とユーロドルで見つけていく。

正直、、、、

こんな当たり前のことを、、、

とも思ったりもしますが

3通貨ペアを表示してずーっと眺めていると
当たり前ですが、この3通貨は整合性のある動きをします。当たり前ですが(3回め。)

とにかく、チャートを見て
相場観、少し先の未来が2通貨中1通貨でも当たっていたなら負ける確率は極めて低い。
と大袈裟にこじつけておきます。

日々SZトレーダーさんたちがやっている『意味のあるポイントを見つける』と照らし合わせて
クロス円取引をしてみることでより確度が上がると思います。

..............................................................


余談になりますが、、

私はクロス円のデイトレ、スイングをするとき
チャートをほとんど見ずにエントリーすることがあります。

それは上で書いたようにクロス円はドル/円+○○/ドルなわけなので
この2通貨の先を知っていればクロス円がどちら方向に動くのかはわかりますね。

逆に言えば、クロス円取引をするにあたって
ドルストレートを見ていない、、というのは厳しく言えば言語道断なのかもしれません。

もちろん人それぞれスタイルはあるでしょうから、一概には言えませんが
私個人的にはドルストレートを見ずクロス円を語る事はできません。
これも複合通貨という特性を知っていれば『そりゃそうですね』と言えますね。

日々やっているSZトレードの基本
SZ重複サインや逆ブレイクの考え方、
意味のあるライン、意味のあるポイントを見つけ
根拠のある行動をしていきましょjう。

必ず行動には理由が必要です。
理由なく行動しない、というのは相場の世界で生き残る鉄則ですね。

値動きも同じです。

意味のあるポイントを見つけそこから値動きが発生したということは
理由のある値動きの可能性が高いです。

ファンダメンタルズ的なものに反応したというのは理由があったとわかりやすいですが
意味というのはそういった政治や経済や社会情勢、その他要人発言などなどの理由ではなく
たくさんの人がそのチャートポイントに注目していた、、、というだけで意味があります。

私達が事前に予測できるピンポイントはチャート上以外にはあまりありません。
要人発言や指標などを予測することは困難ですし、値動きも激しく手数料も高い、、、。
人間の速度で追っていける、つまり私達が勝負できる場所はそういったところではありません。

参加者の多くが注目しているポイントというのは必ずありますし
そして、そんな注目のポイントを見つけることはコツを掴めばそこまで難しいものではありません。

ツイッタートレード動画解説にて
私のトレードの裁量部分、意味のあるライン、ポイントの見つけ方と同じような方法で、日々修練されている方は
そういったポイントでの大なり小なりの反発を体感しているかと思います。

意味のあるポイントを見つけ、そこで勝負する。それの繰り返し。欲望は後回しでこの繰り返し。


ドル円だけを見ている方は
それに加えてユーロドルやポンドドル、豪ドルドルなどなどのチャートにも同じような分析でチャートを読み
意味のあるポイントが重なれば各クロス円にてトレードしてみる、というのもチャレンジしてみてください。

もちろん、複数の通貨監視により
ガチャガチャゴチャゴチャしてしまうなら、ヤメたほうがいいです。

基本、トレードはシンプルが一番。
まずは意味のあるポイントみつけましょう。

...............................................

参考になったという方はお手数ですがコチラ応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

→→スキャルゾーンFX レビューページはコチラ←←
ツイッタートレード解説動画や各限定ページヘのアクセスはOMBスキャルゾーンFXが必要です。

ツイッタートレードは(デイトレ)
OMBスキャルゾーンFXのSZ重複サインを使用しています。
ツイッターID→@oshamanbeSZ(SZトレードツイート、SZ思考で読み解くチャート、相場観etc専用)
ツイッターID→@oshamanbefx (本アカウント。相場観や愚痴や、、、etc)
プロフィール

おしゃまんべ

Author:おしゃまんべ
かに座 A型
年齢…アラサー
好きな食べ物…ポップコーン
働きたくない私。
働けない私。
やる気はありません。
雇用してください。

おしゃまんべスキャルピング

スキャルゾーン手法結果
ツイッターにてエントリー公開中

SZトレードツイート専用
→@oshamanbeSZ
本アカウント
→@oshamanbefx
2016年
7月+4203pips
6月+1660pips
5月+3770pips
4月+4371pips
3月+1007pips
2月+2626pips
1月+5537pips
2015年
12月+5552pips
11月+5229pips

2012-2015月単位負けなし
.......................................................
2011年 +7426pips
       (6月~12月)
12月+654pips
11月 +748pips
10月 +1280pips
9月 +1740pips
8月 +1261pips
7月 +906pips
6月 +837pips
......................................................
2010年 +15721pips
11月+ 1483pips
10月+ 397pips
9月+ 964pips
8月+ 1075pips
7月+ 1925pips
6月+ 1139pips
5月 +4370pips
4月 +1640pips
3月 +1057pips
2月 +843pips
1月 +828pips
僕が参考にしているブログ達↓↓↓ にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ
にほんブログ村
応援クリック感謝です!!
■□■□■□■□■□■□■□

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
エンジュク投資ブロガーズ
参加中です!!

■□■□■□■□■□■□■□
カテゴリ
最新コメント
ランキング
月別アーカイブ
最新記事
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。